民事信託

心配を安心に・希望を現実に 「民事信託」

民事信託って何?

信託の原点は中世ヨーロッパの十字軍であると言われています。

国家の命を受け、十字軍として異国の地へ出向く兵士は、残される妻と子供のために、信頼できる友人に所有している財産を預け、そこから出てくる収益を必ず家族に手渡す事を約束してもらい兵士を「委託者」、信頼できる友人を「受託者」、兵士の家族を「受益者」とする契約を交わしました。

これが信託のはじまりとされています。

この信託という制度は日本でも存在していましたが、信託法の制限が厳しかったため一般の人にとっては知られていない制度であり、信託といえば信託銀行が行っている資産運用のイメージを持つ方が多数でした。

そんな中、平成19年の信託法改正により、誰でも使える身近な制度に変わりました。
一般の方が個人的な信頼関係のもとに、遺言書や成年後見制度ではできなかった想いや願いを形にすることができるようになり、ペット信託をはじめ認知症対策や障害者支援の福祉型信託、資産管理をする金銭贈与信託、そして再婚支援信託など様々な活用方法があります。

民事信託の活用例

福祉型信託

・子供や孫に身体や精神障害者、引きこもり等自活が困難、浪費癖があり自分で財産管理ができない方がおり生活面や財産管理が心配
⇒福祉型信託を活用することで、ご自身が亡くなったあとのご家族の生活のサポートをすることが出来ます。

生活再建支援型信託

・アルコールやギャンブル依存症で財産管理ができないご家族が心配な方
⇒信頼できる人と生活再建支援型信託契約を結び、財産管理が心配なご家族に月々決まった額や本当に必要な費用だけを払ってもらうとことで、財産管理のサポートをすることが出来ます。

受益者連続型信託

・自分の財産を、娘の婿や息子の嫁の親族に流れないような相続がしたい方
⇒遺言では、特定の財産を特定の人に相続させることができますが、その次の相続する人間を決める事はできません。
また、相続には遺留分制度がありますから、希望通りの財産承継ができない場合もあります。
受益者連続型信託を活用することで、相続したい人を順番に指定することができます。
また遺留分減殺請求の対象になるのは1度だけですから、より確実に財産を承継させることが可能です。

資産管理型信託

・不動産など相続で共有物になると不都合な財産を保有している方
⇒不動産が共有になることで、不動産管理や処分は共有者全員の同意が必要となってしまい複雑で扱いにくいものになります。
資産管理型信託を利用することで、指定した相続人に単独で不動産の名義を移す事ができ、相続人には受益権(債権)として相続させることができます。

金銭贈与信託

・認知症になっても、孫たちに教育資金を贈与したい方
⇒金銭贈与信託を利用することで、認知症になった後や亡くなった後でも変わらず贈与を続けることができます。
また特定団体への寄付などにも活用できます。

再婚支援信託

・再婚を希望しているが、入籍すると財産が配偶者側に流れるため子供たちに反対されている方
⇒お互いに子供がいる高齢者カップルの方は、再婚して2人の幸せな生活をスタートさせようと思っても、相続関係が複雑になる事から再婚をためらわれたり、再婚に対して複雑な思いを抱かれる事もあるかもしれません。
再婚支援型信託を利用することで、再婚前に従前の相続関係を信託契約によって実現する事で、お二人が祝福された幸せな結婚をできるようにサポートする事が出来ます。

法律外婚姻支援信託

・同性愛者のカップルの方
⇒日本では残念ながら法律婚が認められてはいませんが、再婚支援型信託契約を利用することで 法律婚とほぼ同様の財産関係を築く事が出来ます。
信託契約を結んでからのお二人の財産は共有財産になりますし、もし別れてしまった場合は結婚前の財産はそれぞれの固有財産としてそのままに、共有財産を法律婚のように分ける形になります。
更に、どちらかが亡くなってしまった時は、配偶者への相続と同様に相手に財産を残すことが可能です。

お問い合わせ 092-775-0418(平日9:00~17:30)